月見で一杯、金ふぐ焼き切りで一杯

こんばんは〜(*^ω^*)うさかんむりこと“うさかん”です。

今夜はお仕事の前に、お酒と美味しいあてをいただきにきました♪

地元の雰囲気のいい居酒屋さんです。♪フルオープンキッチンで注文を受けてから魚を捌いてくれます。私のお気に入りはカウンター席の板場の真ん前(*’∀’人)♥*+

大将の包丁さばきが間近で見れるので飽きないんです。

今日のお酒は秋田県横手にある阿桜酒造の純米吟醸の阿桜♡フルーティな香りとまろいお味のとても美味しいお酒です。

そのあてには……

この時期、陽向の国の宮崎には海の幸を山の幸がてんこもりです。先日、伊勢海老も解禁されましたし、この時期のみの山太郎ガニという川がにの塩ゆではカニ味噌がたまりません(*´﹃`*)

………………悩む。

……とここで大将におすすめをきくと金ふぐがいーよーとのこと。

金ふぐ……日向灘でとれる鯖ふぐといわれるものでお腹あたりが金色のふぐ。唐揚げでたべたことのある小ぶりのふぐだったよな……

うん♪

そーしよー♪♪

今回はその金ふぐを焼き切りにして頂くことにしました。

さぁ!!たのしみ〜!!と、………………デンっ!!ฅ(๑⊙д⊙๑)ฅ!!

なんと、30cm以上はありそうな金ふぐが目の前のまな板にどんっと鎮座。それを大将あざやかに皮をはいでいきます。

 

 

 

 

皮をはいで頭おとして、内臓だして手早くささーーっと捌いていくのですが、もう一種のショーをみているような感じなんです。内臓だしたり頭おとしたりのグロさ汚さを全く感じさせず綺麗に鮮やかに身だけをおろして、串をさす。

一連の動きは見事としかいいようがありません。

そしてでてきた“金ふぐの焼き切り”

 

 

 

 

周りを焼き切った断面は中心にいくほとほんのり桜色。つやつやーっとあぶらがいい塩梅にのっててほんとにおいしそう(´﹃`*)

自家製のポン酢でいただきます。淡白だけどもかむと甘味のひろがる金ふぐ。もっちりとした食感に至福のひとときを感じてしまいます♪

そのあとに阿桜♡

もぉね。ニヤニヤがとまりません♡

いまからお仕事なのて飲み過ぎ注意でグラス1杯でおさえるつもりが……ついついおかかわりしちゃうじゃないですか……。

 

美味しいお酒に美味しいあて。

外にでるとひんやりと秋風が心地いい夜です。

ふと空をみあげるとまる〜くなりつつあるお月様が雲の隙間からのぞいてました。

もうすぐ満月。

秋の夜長に月見で一杯♪金ふぐ焼き切りでいっぱい♪

幸せ満開な一夜になりそうです(*^ω^*)