カラーセラピーは占いではありません

おはようございます!

久しぶりのブログ更新。先月からカラーセラピーカウンセリングの予約がたて続き、さらに福岡、東京へと講習会に参加したりと思いのほか多忙な毎日をすごしておりました…。

さすがに7月は自分の中で針が振り切れるほど動いていたので、脳みそも身体もエンスト…8月にはいったとたん充電切れでばったりと寝込んでしまっておりました。

…年齢考えてうごけよ…と自己反省。

何事においても自己管理は大切です。

 

ところで猛暑続きの今年の夏。

暦の上ではすでに立秋をむかえ秋にはなっていますが、毎日、日本列島まだまだ夏!!

…とおもっておいたのですが、今朝方、珍しく5時には目が覚めてしまい空気の入れ替えをと窓を全開にするとひ~んやりとした心地のよい風がお部屋を吹きぬけました。

あれ???季節がかわったかな??と感じた今日の朝。

部屋をめぐる空気はすっかりと秋の気配。

今年は本格的な秋の到来がはやいのかもですね。なにはともあれ、殺人的な激暑から解放されるのは誰にとってもありがたいことです。

 

さて、先月はめずらしくカラーセラピーカウンセリングの予約がたて続きました。あまり触れてはいませんでしたが、うさかんはTCカラーセラピーの公認セラピストでありトレーナーでもあります。おおっぴらにしていないので知る人ぞ知る…的になっちゃってますが(^^;)

なんちゃってセラピストっぽくなりつつありますが、実は心のお勉強や、カラーセラピー、マヤ易、潜在意識のお勉強はかかさずやっております。

なのでしっかりとした知識にもとづくセラピスト・カウンセラーとしては自信をもっています。…ただ、なんとなくそれを本業とするにはいたらず、趣味の副業みたく本業の合間に依頼のあったときだけ実働しているのが現状ですが…。

そんな自称なんちゃってセラピストのもとにカウンセリングの依頼をしてくださったありがたいクライアント様♪

ほんとうにありがとうございました!

 

 

 

 

 

私だけに限ったことでしょうか?

クライアント様の多くは本当の悩みをなかなか口にしません。

最初は「なんとなくやる気が起きない…」「毎日朝起きるのがつらい…」「気分が晴れない…」「人と会いたくない…」こんな漠然とした想いが開口一番に出てくる方が多いのです。

人間だもの、そんなときは誰にだってあります。

 

でもそれ以上の何かがあるからわざわざ、他人のところまでカウンセリングやセッションを申し込んでくるのだろうとおもっています。

カラーボトルを並べてセッションをゆる~く始めると、選んだカラーの意味を説明していくにつれぽつぽつ自分の心の内をと話し始めてくれます。

 

その方は家庭と仕事の両立のことで悩んでらっしゃいました。

もともとばりばりのキャリアウーマンの彼女は、結婚後も仕事を続け男性社員を突破抜き、チームリーダーになるほどの実力の持ち主。もちろん、そんな彼女を旦那様も応援してくれていたのだそうです。

…だったのですが、3年前に子供が生まれ仕事を続けることが難しいなか、それでも彼女は育児と家事の両立をがんばっていたそうです。でも子供が生まれる前には仕事に協力的だった旦那様が、だんだんと彼女が仕事を続けることに対して難色を示しだし、言い争いが増え、今ではささいなことがきっかけですぐに喧嘩に発展してしまう…。子供はそんな二人をみて大泣きし、何もないときでも癇癪をおこしてしまうようで、しょっちゅう保育園から連絡がはいり、仕事を中座することもしばしば…あげく、仕事でも凡ミスが連発して職場仲間との雰囲気も悪くなる一方…。

悩みすぎてどうしていいかわからず、最近では占いに頼ってしまい、あちこちの占い師さんに占ってもらったのだそうです。

そして、共通の友人の方を介して、私がカラーセラピーやマヤ易をやっていることを聞いて、今回カラーセラピーを申し込んでくれたのだそう。

 

結局、今回の50分ほどのセッションだけでは根本的な解決にはいたりませんでした。

 

ただ、その方は何件も占い師さんをまわってきたけど、ここまで自分の悩みである本音をはなせることがなかった、自分で話していくうちに何が自分のなかでわだかまっていたのかが、わかった気がする…とおっしゃってました。

どの占い師さんも自分の話を深くきいてくれることなく、名前・生年月日などを聞いたうえで、「星の位置がこうだからそういう時期何だから仕方ない」、「貴方の命数をみるとこうでてますよ」、しまいには「ご先祖のお墓参りにいってください」などの占いの結果を押し付けるばかりだったような気がしますともお話してました。

 

クライアントさんにもお伝えしましたがカラーセラピーは「占い」ではありません。

色を通してその方の潜在意識に呼びかけて、本当の自分ののぞみや自分のあり方を認識してもらうためのひとつのツールです。

だからカラーセラピーを受けたからといって問題が解決するわけではないのです。ただ、大なり小なりの個人差もありますが自分が気づいてなかった本質や本音に気づくことができるのは確実です。

そしてそれを自覚することでおのずと解決策も自分の中でみえてくることもあります。自分の本音に蓋をしてしまいこんで、周りの情報にながされてそれが自分の本当だと思い込んでいる人は意外にすくなくありません。

 

なにをかくそう私もかなりこじらせて、捻じ曲げて、ぐるぐるんのぐちゃぐちゃにしていたひとりですもん(^^;)

 

辛さや悩みでいっぱいいっぱいの人は、まずは一つ、今、ここで深呼吸してみて、ちょっとだけ顔をあげてまわりの景色をながめてみてください。

そして見えるものに意識をむけてみてください。色であり質感でありそこに存在するものを認識してみるとふっと、何か感じるものがあるかもしれませんよ♪